スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そろそろ渓谷の天使ちゃんに逢いたい・・・
Thu.03.12.2009 Posted in ムナジロミソサザイ(Canyon Wren)
国立森林公園(Angeles National Forest)に住む、渓谷の天使ことムナジロミソサザイ(Canyon Wren)です。
Canyon wren 120912071

ずーーっと登場していませんが、山火事ばかりで行けないのです...
年間パスも買い、家から近い事もあり頻繁に行っていました。
数週間前から、ここのすすが降ってきてパティオもハチドリのフィーダーも真っ黒です。
最近やっとオープンしたという事で、近いうちに行って天使ちゃんに会えたらいいなーと思っていますが、
下記のLos Angeles Timesの写真を見る限りでは、鳥(動物)いるの??という感じです・・・
記事の中のウズラの悲しそうな姿にグッと来ましたし、ここのウズラ達は超警戒心が強く
常に藪の中に隠れているのですが、今は身を隠す場所もなさそうです..
悲しそうなウズラの写真などはこちら→Los Angeles Times
スポンサーサイト

Theme: 野鳥の写真 « 写真

Canyon Wren(ムナジロミソサザイ) 4
Tue.02.12.2008 Posted in ムナジロミソサザイ(Canyon Wren)
一年前の出しそびれ写真です・・
オットと一緒に、暗い渓谷に住む天使ことムナジロミソサザイのたまごちゃんに逢いに行きました。
然し、待てど暮らせど、餌探しに夢中のたまごちゃんは近くに来てくれません。
私から遠く離れた所で、つまんなそうな顔をした、たいくつしているオットに大声で「もう帰る~?」と言ったら、
オットではなく、なんと、たまごちゃんが返事をしてこっちに向かってくるではないですか(笑)
なんだ・・呼べば来てくれたのね(´▽`;) 



たまごちゃん:「な~に~?」
cw120710001.jpg
lulu:「もう帰らないといけないから別に来なくていいよ~~^_^;」



たまごちゃん:「わかった~今そっちに行くから待っててね♪」
cw120710001-2.jpg



たまごちゃん:「お待たせ♪なーに?おばさん」
cw120710001-3.jpg
lulu:「いやほんと呼んでないし^_^;」



たまごちゃん:「なんですとぉ~、呼んでおいて呼んでないってどーいう事?!」
cw120710001-4.jpg



たまごちゃん:「おしおきです!威嚇攻撃発射!バサッ!(←尾を広げた音)」
cw120710001-5.jpg
lulu:「わーい♪貴重なシーンが見れたわ~♪♪」




たまごちゃん:「失礼な人ですねっ。じゃ帰りますからねっ」
cw120710001-6.jpg



たまごちゃん:「うん?・・誰か来た・・・」
cw120710001-7.jpg



オット:「帰らないの~??ずっと待ってるんだよ!」



たまごちゃん:「何このおじさん・・・・」
cw120710001-8.jpg



たまごちゃん:「恐いから逃げます(ヒューン!)」
cw120710001-9.jpg

とまぁ、数々の?貴重な体験をしていたにも関わらず、やっと世に出せた、たまごちゃん写真でした。
まだいつか分りませんが、近々たまごちゃんに逢いに、またオットと行く予定です。

Theme: 野鳥の写真 « 写真

Canyon Wren(ムナジロミソサザイ)3
Thu.13.12.2007 Posted in ムナジロミソサザイ(Canyon Wren)
渓谷の天使、たまごちゃんのダンシング♪
wren dance
ちゃんと動いて見えるかな??

Theme: 野鳥の写真 « 写真

Canyon Wren(ムナジロミソサザイ)
Sat.08.12.2007 Posted in ムナジロミソサザイ(Canyon Wren)
最近、私の心をわしづかみにした渓谷に住むたまごちゃん♪
12.05.07wren10.jpg
もうメロメロ状態。
こんな可愛い形をした鳥を目の前にして何とも思わない人は居るのだろうか?
オットが以前からCanyon Wren(ムナジロミソサザイ)の写真を綺麗に撮りたい事と
ウグイスに似た美しい鳴き声と可愛さを力説していたが、
同じ場所に居ながらにして、山と渓谷との温度差は20度以上で寒く、妙な暗さ、
独特の静けさとあるのは岩、岩、岩・・・一番に幻の鳥のように姿を現さない。
目をこらすとたまにチロッと姿を確認出来るが、餌である虫を求め岩陰を出たり入ったりと、
とにかくジッとせず、撮影も暗い為にシャッタースピードが落ち、
困難を極めるだけで興味を持てなかったが、
早朝、山に住む野鳥達撮影に付き合ってくれたので渓谷に行く事にした。
オットの執念が実ったのか?プロのカメラマンさへも悩ますムナジロミソサザイが、
カメラを構えているオットの目の前の岩に登り、
「どうぞ♪」と、まるでダンシングのようだった。一分ほどだったか撮り三昧。
勝手な思い込みだったのか、警戒心の薄さに驚いた。
私もオットの近くでカメラを構えた途端、
後ろの草陰から「なにしてるのかな?」と興味深げに私の顔を覗き込み足元を通り過ぎて行った。
「・・・うっそ・・・」
もしかして鳥一警戒心が薄い?人間をなんとも思っていない?それ所か人間に興味深々??
もしくはオットマジックか・・・


12.5.07wren7.jpg



12.5.07wren6.jpg



12.5.07wren5.jpg



12.5.07wren3.jpg



12.5.07wren2.jpg
ダンシング中、突然、咳き込みも披露(笑)
他のミソサザイと比べ、岩陰の虫を探す為にくちばしが長い事と、名前の通り胸が白いのが特徴。


12.5.07wren1.jpg




12.5.07wren8.jpg




12.5.07wren0.jpg
これは、美しい囀りを披露している所。さえずる度に、左右を向く。
ただし暗い為にシャッタースピードが落ちこんな画像・・・
ま、歌っている様がわかりこんなのもOKかな。

Theme: 野鳥の写真 « 写真

NEXT PAGE »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。