スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Burrowing Owl (アナホリフクロウ)
Mon.26.05.2008 Posted in アナホリフクロウ(Burrowing Owl)
生息地:西海岸から中部の平原やエアポート 全長:24cm
特徴:小さめのフクロウで、大きさはアメリカンチョウゲンボウより3cm小さく、
小動物が掘った穴(地下)に住み、自分で掘る事はまれだそうです。
足が長々なのが目立ちます。アメリカで地下で暮らすフクロウはこの種類だけ。
この間撮ったニシアメリカフクロウ同様、このフクロウも環境の変化により減少傾向にあります。
bo05081.jpg




bo05087.jpg




bo05082.jpg




「これ以上近寄ったら(ワナワナ)・・・・、」
bo05084.jpg



「ジャンケンしちゃうんだから・・・」
bo05085.jpg

ここ(穴の中)にもう一羽います。心霊写真じゃないですよ!(笑)
たまたまオットが立っていた場所が、フクロウの住みかである地下トンネル部分らしく、
鳴き声が移動しながら聞こえていたそうな。オモシロイ!




「クルッとね」
bo05086.jpg



撮影者:やっぱりオット

Theme: 野鳥の写真 « 写真

« Red-winged Blackbird (ハゴロモカラス) 3 | Home | American Robin (コマツグミ) »

comments

アナホリフクロウって、名前は知ってましたが・・・
本当に穴の中からもう一羽が顔を出しているのを見ると驚きます!(笑

本当に地球には面白い生物がいっぱいいますね。

↑ちょっとコメントの視点が宇宙人?(笑

おはようございます。
猛禽さんとは思えない可愛い顔してますね(*^_^*)
地中に住んでるのですか。
小動物が掘った穴を再利用するなんてエコな感じですね^^;

1枚目を見て、根付(ねつけ)のフクロウ?と思ってしまいました。

大きさ、ムクドリくらいなのですね。
ネズミを襲っても負けそうです。まさかジャンケンで勝って餌を得ているんではないでしょうね(笑)

わぁ、初耳です、アナホリフクロウ。
完全に野生のフクロウは1度も見たことがないので
あこがれです。
グッと近寄って、パーを出したいです(笑)

小動物が掘った穴を住処にするなんて、要領がいいというか…
もしかして怠け者なのかしらって思っちゃいましたけど、りもふさんの
おっしゃっているエコ…地球に優しいフクロウさんなのかもしれませんね(*^_^*)


宇宙人チックなFLAT-6さん

その写真は、私も驚きました(笑)
しかも顔出しているフクロウが、なんか・・奇妙可愛いというか^^;

りもふさん

りもふさん、おはようございます♪
地中に住んでいる不思議なフクロウさんです(笑)
ほんとにエコだったら素敵ですが、
小動物を食べつつ住処を奪った可能性も^^;

vivi_kotaさん

そうですね、ムクドリくらいかもしれませんね。
ただ足が長々なので、実寸よりも少し大きく見えると申してました。
妙に不思議なフクロウなので、ジャンケンくらいしそうです(笑)

binbirdさん

私達もフクロウに憧れ続け一年以上経ってから、見つけましたよ(涙)
オットが歩いて歩いて歩いてやっとこの間のニシアメリカフクロウを見つけました。
それから、猛禽の神様が降りてきたような感じで、
次々と珍しい猛禽に出逢えるようになりました。

>グッと近寄って、パーを出したいです(笑)

あはは(^▽^)想像しちゃいました(笑)
じゃ私は、負けのチョキで(笑)

穴の住処は確かに要領がいいように思います。
殆ど穴を掘らないということなので、和名変えなきゃいけないかも(笑)

こんばんは
TVで観たことがあります。
草地に穴を掘って生活している、ちょっと変わった生態のフクロウですね。
足がこんなに長かったのですか。
ジャンケンまでやって流石にフクロウの仲間です。(笑)
フクロウは顔の表情も豊かで親しみやすく何時まで見ていても飽きませんよね。

広いアメリカでも減少傾向なのですか~、こういう野鳥がいつまでも住める環境であって欲しいです。

それから、全長24cmとは、アオバズクよりも二周り程小さくオオコノハズクと同じくらいでしょうかね~。

meadowさん

meadowさん、こんばんは♪
TVで紹介されていたという事は、地下で生活するフクロウはこの種類だけなんでしょうかね。
足の長さはかなり目立つようです。
至近距離で撮影しているのですが、グーを出すという事は休んでいるという事ですよね?
先日アップしたニシアメリカフクロウもそうですが、近寄っても平然としていてびっくりしました。
それ所か目を瞑って眠り始めました。

ほんとに表情豊かで見飽きませんね。

>広いアメリカでも減少傾向なのですか~

アナホリフクロウとニシアメリカフクロウの生息域が西武(人口が増え続けている?)な為、
かわいそうな事になってしまったのかと。
もう少し中部よりだと大丈夫だったのではないのかなと思うのです。
現に、減少傾向意にあるのは、今の所西部のみらしいです。

え~地下に住むフクロウがいるんですね。
おお~!面白い!

フクロウ見たことないですが、こういう色合いが好きですね~。
日本でいうとコミミズクとか会いたいなぁ~。

目の虹彩が黄色でとても綺麗ですね~。

しかも、アナホリフクロウという名前なのに穴を掘らないとは、いかしてますね~(*`▼´*)b オッケィ♪

jamさん

面白いですよね~とっても不思議です。
近づきすぎるとやはり穴に逃げ込むようですよ(笑)

日本のフクロウも減少しているとか・・・
それでは見つけにくいですよね。
私達も一年以上かかりましたよ。
jamさんもいつかコミミズクに逢えるといいですね。
私達も楽しみにしています。

アナホリフクロウってNHの方がいますが、
鳥の姿は初めてみました。
本当に穴に住むんですね!

こちらでは猛禽を見る機会は少ないので
いろんなフクロウを見ることができて
面白いです!

KX2_Birderさん

はい!存じております!以前にコメント頂きました。
アナホリフクロウさーん!見てますかー?^^;
ねー、ほんとに穴に住んでましたよ(笑)
でも、自分では掘らず(コケッ)プレリードックの巣穴で暮らしているようです。
和名変えて、チャッカリフクロウにしましょう(笑)
いつかKX2_Birderさんが撮られた猛禽さんが見たいですー

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback

穴を掘るフクロウをTime-Lapse 映像で見よう

穴を掘るフクロウがいるんですね。 そのまんまの名前ですが、アナホリフクロウかもしれません。...


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。