FC2ブログ
Black-necked Stilt (クロエリセイタカシギ)
Sat.05.07.2008 Posted in クロエリセイタカシギ(Black-necked Stilt)
bns06081.jpg




bns06082.jpg




あれから、3ヵ月後・・・可愛い雛が誕生しました。
「お箸でサクサク」
Black-necked Stilt 07081-2




「あの人(オット)と強い日差しから我が子を守ります」
Black-necked Stilt 07081




忍法、同化の術・・・
bns06084.jpg




「飽きたばい、疲れたばい、ねむいばい.。o○」
bns06085.jpg


数日後・・・



「あのおじさん(オット)また来たばい・・忍法、ギュッと目を瞑る術・・・」
bns06086.jpg




bns06087.jpg




bns06088.jpg




bns06089.jpg




bns060810.jpg


撮影者:オット

« Orange Bishopが蛍光オレンジな理由 | Home | キンちゃんマン »

comments

あらっ、こちらが春になって乗ってみたら…(笑)のお子さまなのですね。

どの写真も表情が豊かですね~。
忍法、ギュッと目を瞑る術と、小首を傾げたようなのには、心を奪われて
しまいました。
1枚目はやっぱり暑いのでしょうね。
うちでもひなたぼっこ中のクロウタドリなどが、こんな風に口をあけて
まるでハアハアしているみたいです。

こんなにちいちゃくても、足はずいぶん大きくて立派ですね。
シギ類はどれも同じように、子どものうちから大きい足なのでしょうか。

luluさん、可愛い写真をみせてくださってありがとう~♪
すごく和みましたv-410


binbirdさん

こちらこそいつもコメントありがとうございます(*^-^*)

スコットランドは過ごしやすいというイメージですが、
やはり、そこに住む鳥としては、暑いと感じてしまうのでしょうね。
LAも昔は過ごしやすい気候だったらしいですよ。
今は、さらっと40℃越えですから、毎年死亡者が後を絶ちません。
シギの赤ちゃん達も、生まれた途端、熱波に襲われて可哀相かもしれません。

シギの赤ちゃんは、足が立派ですよね。
筋肉隆々系みたいな(笑)

今日は(いや、もう昨日か・・)こちら独立記念日で周りがどんちゃん騒ぎで眠れません。
チワワも花火の音に怯えてました・・

眠そうな顔、とっても可愛いです。
きっとこの子達、すごく元気なんでしょうけど。

セイタカシギの正座って、人間と足の折れ方が逆なんですね。こんなことは気が付きま
せんでした。(座っているのはお初です。)

3か月前の写真ではよくわかりませんでしたが、クロエリと呼ばれる訳がわかった気がし
ます。

vivi_kotaさん

足の折れ方が逆ですよね。一瞬、「あれ?」と自分と比較してしまいました(笑)
あ、人間の腕と同じ構造でしょうかね。

クロエリがあるの、今気がつきました(笑)
立っているとわかりませんが、座っているのが襟風になってますね。

お子ちゃまが生まれてわかったのですが、1~3枚目の写真の岩で卵を温めていたようで、
今まで、ただ休んでいるのかと思ってました。
硬そうなというか、痛そうな巣ですね(笑)

器用に足を折りたたむのですね^^;
ヒナも器用に折りたたんでウタタネですね(笑)
とっても癒されました~(*^_^*)

りもふさん

実は・・・この写真をオットが撮ってくる前日・・・
まっさか、雛が居るとは知らず・・・そしてそこが巣だとも知らず・・・
三脚を乗せたかも(自爆)
すぐ近くで、突然成鳥が死にそうなふりをしていて、
この鳥のそういうシーンは初だったので、「珍しい、どうしたのかしら?」
なんて思ってましたが、今思えば、元凶の元は私だったらしく(自爆)
究極に追い詰めてしまったようです....
ということで、この赤ちゃん、同化して見えないんです~
目の良いオットだから見つけられたという感じで、
後日改めてオットと行ってもやっぱり見つけられず、教えてもらって初めて見えました。
カイツブリの赤ちゃんくらい妖怪チックだったら分ったのにな~(笑)

おお~♪なんてプリティ♪な、おこちゃまなんでしょうか?
眠過ぎて傾いているのが、可愛らしいっす!
しかし、川に落ちそうで心配ですね~。

「ギュッと目を瞑る術」も「プイッ♪」とした表情が可愛らしいです。
おじさん(オットさん)が来ると忍法見せてくれるのですね。ははは。
(^▽^)/

九州の鳥なの?

jamさん

不審者??が居て寝たくても眠れないという感じでしょうかね(笑)
あ、やっぱり川に落ちそうとか思います?
一度だけ、この撮影にオットと行った事がるのですが、
その時、もう少し前で撮りたいとオットが川の中に入ったら、お子ちゃまダイブして、
オットの目には、お子ちゃま達が流されたように(落ちたように)見えたらしく、
いつも冷静なオットがプチパ二起こして何度も「まずい事しちゃったかなー~(汗)」と慌ててましたが、
私はこの種類の赤ちゃんの足がしっかりしている=泳ぎも達者という勝手なイメージがあったので、
冷静に、「ほら、大丈夫よ、ちゃんと泳いでいるでしょ、その内、川際の草むらに隠れるわよ」と
半分適当な事言いましたが(笑)やっぱりその通りになってました(笑)
すごく小さいですけど、一生懸命泳いでました(^・^)
なんと言っても、川のど真ん中の石の上で誕生してますので、強靭なお子ちゃまかもしれませんね。
忍法は(笑)、親鳥の一声で同化の術してたみたいです。生まれてまもないのにすごいですよね。

NekoMama7さん

いえ~^^;米国の鳥っすよー
なんかね、可愛い生き物のアフレコは九州弁使いたくなるんですよ(笑)

こんばんは。
雛が誕生していたのですか。
可愛いですね~、食べちゃいたいくらい可愛いです。(笑)
今後の成長が楽しみです。
また撮って見せてくださいね。
後から2枚目の雛が首を傾けて寝ている場面、このままコテッとこけてしまいそうですね。(笑)


座るときの足の折れ方について、、、
セイタカシギだけが違うということではなく、鳥は皆同じです。
結論から言いますと人間と同じです。
前に折れている関節は膝のように見えますが、これは踵です。
だから前に折れているのです。=人間
つまり、鳥は普段はつま先立ちをしているということですね~。

一方、膝はどこかというと羽に隠れて見えません。
もちろん後ろへ折れます。=人間
例えば、鳥が飛び上がるときなど足が全部見えるので、とても長く見えるのはこのためです。

長々と失礼しやした~。(笑)

それから、写真はメールでお送りしましょうか?。

meadowさん

meadowさん、こんばんはー
雛、食用にお送りしましょうか??(ブラックジョーク過ぎ?(笑))
オットが、「この雛たちの成長段階を撮りたい」と申してましたが、
本当に撮り続けてくれる事を願うばかりです(笑)
やっぱり、足と嘴が伸びていく過程を見たいです。

鳥の足の解説ありがとうございます!
寝起き早々の私の頭でも判り易い説明でした。
このシギの足の曲がり方が違うように見えた時、
「あれ~、確か生物は形や長さが違えど、骨の曲がり方って同じじゃなかったっけー??
なのに、なんだ!このシギの足は?!」と思っていたので、おかげさまで解決しました(^・^)
meadow鳥博士って感じですね。そして、
キンちゃんの足が長い理由が分りました(笑)

>それから、写真はメールでお送りしましょうか?。

例のボロ雑巾ちゃんの写真ですよね?
お気遣いありがとうございます~(嬉)
meadowさんお忙しい方ですから、お気持ちだけ頂きますよー<(_ _)>
その代りと言ってはなんですが、
meadowさんの所でアップされた、雑巾ちゃんの写真を
デスクトップの背景としてしばらくお借りしてもよろしいですか?
それだけで幸せでございます~(*^ー^*)v
今回のオオルリやメジロの記事を拝見して、
とっても新鮮さを感じてしまい、「なぜだろう?」と考えたのですが、
猛禽以外の写真って久しぶりの更新でしたよね。
小鳥フェチなので、また更新楽しみにしてます!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)