FC2ブログ
今日のにんぱち君(まだ縄張ってます!)
Sun.16.08.2009 Posted in ハチドリ日記(Hummingbird Diary)
皆が飲めないので、たまにフィーダーから25メートル先のベンジャミンへ移動してもらいます。が、ここから皆をぶっとばしに来るのであまり意味はありません....
Annas Hummingibird1508091-0



Allen'sのオレンジ君です。ぶっとばされても、5回くらい飲もうとチャレンジするツラッとした性格の子です。写真は、左側にとまって威嚇中のにんぱち君を見ている所です。
Allans Hummingbird0108091
左側の写真は、シャッター音がどこからするのか判らないみたいで首を傾げています。
Allens Hummingbird15091-2 Allens Hummingbird15091



にんぱち氏、背中のグラデーションがきれいです。
Anna's Hummingbird0308091



zhi zhi zhi chur-zwee' dzik dzik」と偉そうに気持良さそうに歌ってます。
Anna's Hummingibird1508091

ハチドリ観察4年目に突入しましたが、年数が経つにつれ種類の識別を判断する自信がなくなっています。慎重になってきたとも言うかな。
例えば以前だと、オレンジ色だったらAllen's、ピンク色だったらAnna'sと単純に決めていたのですが、
最近過去の写真を見ていて、違う種類もけっこう撮っている事が判りました。
過去写真を調べるきかっけとなったのは、LAまたは近郊で見られるハチドリは6種類居るのですが、
その中に北米で一番小さなCalliope Hummingbird(ヒメハチドリ)という種類がいて、
一ヶ月前くらいから、ヒメハチドリのメスが一羽我が家に通って来ているのです。
過去にも、ものすごく小さいハチドリが来ていて、
「随分とこじれたAllen'sね・・・」とか、「変な声で鳴くAllen'sが居るのよ~」と言っていたのですが、
普通は、ここで他の種類だと判ると思います...
過去にもメス(又は幼鳥のオス)は何度か撮った事があり以前のブログで出した事があるのですが、
最近山で撮った写真の中にも、2回ヒメハチドリの幼鳥のオスか成鳥のメスを撮っていて、
オスに比べるとメスは地味で、大きさを比較しない限りAllen'sやRufousのメスにも見えるのです。
警戒心が薄く、ファインダーを覘いていると気持が良いくらいに真っ直ぐ飛んでくるのですが、その後ろから、
ベンジャミンの木にとまっていた、にんぱち氏が来て、おもいっきりヒメハチドリを真下に落とすのです(爆)
にんぱちめ・・ヒメハチドリをボール扱いしやがって..(- -;)
バーダー友達の所には、ヒメハチドリのオスが来た事あるんですけどね・・・
で、オットが「誰が見てもヒメハチドリ(オス)と判る写真が撮れてから載せたら」と・・・
来年の春こそは、ヒメハチドリのオスが撮れそうな気がしています(どんな根拠??)
こちらがペニーより軽いというヒメハチドリのオスです→Flickr1 Flickr2

Theme: 野鳥の写真 « 写真

« Double-crested Cormorant (ミミヒメウ) | Home | Anna's Hummingbird nest 2009(ハチドリの巣) »

comments

こんにちは。
ヒメハチドリと普通のハチドリの違いは?と思い、検索してみたのですが情報が少ないんですね…
ヒメという位ですから、やっぱり小さいんですよね?
Flickr1 の画像を見る限りでは、顎のところが凄く綺麗と思いました☆
にんぱち氏の後ろ姿、格好良いですね~♪
ハチドリって表情がある様に感じますが、どうなのでしょう?

こんばんは♪
にんぱちさん、まだやってますか!
25mさきでも戦闘態勢なのが笑えます。
でも、彼らホント目が良いですよね。
ウチのポチくんも半径50mは確実に見えていると思います。遠くの枝にチラッと見えるだけで、フィーダーには全然近くないのに他のハチドリを追い払おうと追い掛け回します。
一体どういう風に世界が見えているのでしょうね??
すごく興味あります。
オレンジくんも可愛い^^
にんぱちくんはやっぱりluluさんのところを我が家と思っていますね!憎めないヤツですわ。。。

やっぱり西海岸に行かねば!とおもう今日この頃。
あ、そういえば年末くらいにアリゾナに行く予定です。
オレンジ君に冬会えるでしょうか?
今からどんな鳥に会えるのかとそわそわしてます。

にんぱち君相変わらず威勢が良くて絶好調のようですね。
それでもがんばるオレンジ君はいい根性してますね。

オレンジ君の仕草、とても可愛いです♪

首を傾げているオレンジ君、可愛い!
にんぱち君も良い表情をしますね。
ヒメハチドリ君の写真もクリックして見ました。綺麗ですね~。
luluさんの予感を信じて、ここでのアップを期待します(笑)。

Flickr1 Flickr2 を見てしまいましたよ!
これよりも らしいヒメハチドリをアップする自信ありと見ました(笑)
最後のにんぱちくん、よく見ると人を見下したような目つきですが、いつものことですか.
うちの神さんのお友達に"じんぱち"という人がいるんですが、つい混同してしまいます(汗)

チュウタのじじさん

チュウタのじじさん、こんにちは♪
そうですねー、日本語検索ですと、ハチドリ自体情報がものすごく少ないんですよね。
検索しても、うちがトップだったり(笑)以前していた今はもう消えてないブログにヒットしたり(笑)
ヒメハチドリは北米で一番小さなハチドリで、嘴の先から尾の先まで7センチです。
一番上の5種類のハチドリの写真があると思いますが、そこにセンチではなく、
「普通の大きさ」「小さめな」どと明記しています。
北米のハチドリは中南米のハチドリと比べると全体的に小さめです。
ハチドリは鳥一、表情が豊かだなと思っています(^・^)面白いので観察がやめられない所です(笑)

BirdBrainedさん

BirdBrainedさん、こんばんは♪
ねー~、笑えるでしょ~にんぱち氏・・余計に戦闘モードに火を付けてしまっているかもね..
強い子ですが、私には可愛い面を見せてくれるので心底は憎めませんね^_^;
アリゾナですか!!!!!!!「アリゾナ=ハチドリの種類が仰山!!」というのがあるので、
「アリゾナ」という字を見ただけで体中に英気が漲る感じがします(笑)
アリゾナは真夏がハチドリのメッカとなっていて、
一月ですとガクッと種類が減り、確実に居るのは、Costa'sとAnna'sです。
然しながら、BirdBrainedさんにとっては、この両者だけでも珍しい事でしょう。
西海岸ですと、2月前後が一番お勧めです。
巣作りが始まるある時期なのと、ブリーディング真っ盛りで警戒がさらに緩み
超至近距離で撮り放題な時期でもあります。
西海岸では、どなたかガイドさんはいらっしゃいますか?
もし、いないのであれば、わたくしなんぞでよろしければご案内させて頂きます(^・^)
お互いの都合が合えばになると思いますが、最低でも一日か二日はご案内したいです。
下記が撮り放題の時期のものです。

http://luluhime.blog69.fc2.com/blog-entry-205.html

http://luluhime.blog69.fc2.com/blog-entry-202.html

http://luluhime.blog69.fc2.com/blog-entry-76.html

真丸さん

にんぱちくんとの付き合いは丸2年になります。
途中、冬季に剥奪されていましたが、また夏に戻ってきました(笑)
これだけ絶好調なハチドリは見た事がありませんが、
最近は若者に、にんぱち君がいる15時間中の1時間くらいは取られてるみたいです。
うちハチを撮る時のレンズなんですが、ATが壊れていて、マニュアルで撮ってるんですよ~、、
なので、オレンジ君の写真ボケてると思います・・指大の被写体にピントを合わすのは難しいですね...

カラーさん

オレンジ色のハチドリってなんか格別に綺麗に可愛く見えるんですよね。
にんぱち君との付き合いは丸2年目なんですが(途中冬季に剥奪されていた)、
どっちにしろ、こんなに強い縄張王は初めてです^_^;
ヒメハチドリ綺麗ですよねー
今春やっとヒメハチドリが毎年出没する場所を教えてもらったので、
来年こそは是非撮りたいと願っています。
その出没する場所って、けっこう頻繁に撮影に行く山なんですよ~
ヒメハチドリが居たのに、Anna'sやAllen'sを撮っていたんですよ~
狙うものが間違っていましたとさ~ぁぁぁ(;´Д`)

vivi_kotaさん


いやー、滅相もございませんよ~~~逆に、
Flickrで一番綺麗に撮れているヒメハチドリ写真を2枚も紹介してしまい、
「あちゃ、、、来春撮れるかもしれない自分のヒメハチドリ写真がこれじゃー死んでしまうな~..」と
思っていましたよ^_^;
いやでも!仰せの通りになればハチオタとしてはこんな幸せな事はないですけどね(笑)、
多分、難しいとみました・・・
じんぱちさんも強靭な方ですか??(笑)
にんぱち君は、強靭ですが私には可愛い面を見せてくれるので憎めない所です。
この、見下したような目、今気がつきました!
ぅわー・・・あたし、見下されてるかも...(失笑)

luluさん、こんにちは~♪
にんぱちくん、頑張ってますね~。
最後の写真『俺の座、奪えるものなら奪ってみなよ~』
って言ってるみたいな不敵な目つき(笑)
離れたところからでもみんなをぶっ飛ばしに来るパワーを
世のため人のために使ってよねと言いたいような気もする
けど(それは無理というですよね(^_^;))、必死なのよね、やっぱり。

オレンジくんが首を傾げているの可愛いなあ(≧◇≦)
ちっちゃいハチドリさんに目の前でこんな仕草されたら、卒倒しそう。
luluさんの美しいハチドリ写真には、癒されます(^^)

私の場合はまだまだ鳥全般について知らなさすぎなのだけど
luluさんがおっしゃる“年数が経つにつれ識別に自信が…”というの
わかる気がします。
何も知らなかった時の方が、結構大胆に、あれだ、これだと鳥の判別を
していた(つもりになっていたともいう(^_^;))ような。

binbirdさん

binbirdさん、こんにちは♪
今朝は、超だみ声の歌声で目が覚めたのですが、
明らかに、にんぱち氏と違う声だったので、そーっと見たら、
お初の子で、今、我が家に来ているハチドリの中で一番の若者でした
(にんぱち君も幼鳥の頃はだみーでしたw)
それから10分後くらいに、そーっと見にいったら、にんぱち氏がとまっていました。
若者くん、にんぱち氏の枝で歌まで唄っていたので相当怒られたと思います(笑)
結局、4羽の若者に狙われているにんぱち氏ではありますが、
まだまだ若者には負けん!という気迫が漲ってます(笑)
冬季にどっとハチドリが増えるので、どういう展開になるか楽しみです ウッシシ(≧m≦)
いやー、binbirdさん、鳥に詳しいでしょー
“年数が経つ~”ですが、私だけじゃなかったのですね(^・^)
ほーんと、つもりになっていたですね、、、^_^;
ハチドリは北米、中南米合わせて340種類いるので、さらに悩まされる所です・・・

サンディエゴのジェンジェンのところに
とてつもなく巨大なピンクのはっちゃんがやってくるんだが
写真を撮れてない
今度行くときにまたいるといいんだけど

NekoMama7さん

ぉ~~~サンディエゴのハチ情報うれっすぃー♪
是非是非、ビックピンクはっちゃん撮ってきてくださいまし!!
たまーーーに、いるのよ、ビックなピンク鳥が^_^;
サンディエゴにも超~行きたいんだけど、
その時間があるのならば、東に行きたいのよね・・

やっぱしにんぱち君だったのですか!

う~ん、長いこと夏休みに入っていてそろそろ二学期始まってるんじゃないかなぁ~・・・なんて思ってこっそりお邪魔しました(笑)

にんぱち君かっこいいですね~。
はぐれ街道ぶっちぎってますね~~。
他のハチドリ達には申し訳ないですが、にんぱち君は別格でしょう!
かっちょいいなぁ~!がんばれにんぱち君!
最後の写真なんか「ちっ!また雑魚か・・」って感じですね~!惚れぼれしますね~(^▽^)/

jamさん

jamさん、お元気でしたか?(^・^)ご無沙汰しております<(_ _)>
こちら最近、106F(41℃)な日々で、鳥撮りに行ったら命の危険があり^_^;、
例え行っても鳥達も熱さから逃れる為に隠れていると思われます。
という事で、かれこれ3ヶ月くらい鳥撮りにいけてませんの~~~
にんぱち君だという決め手は、歌い方でした。
普通は、「♪zhi zhi zhi chur-zwee' dzik dzik♪」なんですが、
にんぱち君は、「♪zhi zhi zhi chuーーーr!-zwee' dzik dzik♪」と、
ピンク色の部分が長くシャウトします(笑)
ハイブリッドだと歌い方が少し変わってくるので、
もしかしたら先祖に違うハチドリが混ざっている可能性もあります。
ハイブリッドかな?と思ったのは、頭頂部に紫色の羽が混ざっているのです。
何ヶ月か前に、頭頂部の写真を撮っているので、偶然見つけたら(笑)いつか載せたいと思っています。

> はぐれ街道ぶっちぎってますね~~。

ほんと、そんな感じで・・・^_^;
にんぱち君、冬季は剥奪されていたのですが、
もしかしたら剥奪ではなく、渡っていたのかな??という考えも出てきました。
相変わらず皆が殆ど飲めてないので、渡ってくれないかな~♪なんて思ったり(笑)
でも、私達に対してはとても可愛い態度なので、行ってしまったら寂しい気持もあろうだろうな・・と・・・
にんぱち君のこと、別格と思ってくれているのjamさんだけですよ(^・^)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)