スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Red-tailed Hawk (アカオノスリ) 3
Mon.29.03.2010 Posted in アカオノスリ(Red-tailed Hawk)
去年の11月にオットが撮った写真です。
いつも行く湖でボーッとしていると突然背後で小動物のけたたましい悲鳴が聞こえました。
草むらをよく見るとアカオノスリが何かを捕まえた模様。
Red-tailed-Hawk-110901



犠牲になったのはウサギでした。
Red-tailed-Hawk-110902



Red-tailed-Hawk-110903



Red-tailed-Hawk-110904



Red-tailed-Hawk-110905



Red-tailed-Hawk-110906



Red-tailed-Hawk-110907



Red-tailed-Hawk-110908

« Botta's Pocket Gopher (セイブホリネズミ) | Home | Northern Flicker(キハシボソキツツキ) 2 »

comments

luluさんが種切れで面白顔シリーズを載せるのかと思ったんですが(笑)
これはスクープですね。
こちらのノスリがネズミを採っているのとは違い、迫力一杯です。
(ネズミを採っている写真も持っていないんですが)
最後は誇らしげな顔をしていますよ。

更新お待ちしておりました♪
毎日鳴き声だけは聞いていた「猛禽くん」がアカオノスリだとわかったのは、
こちらにきて半年ほど経ってからでした。
近くで見ることが全くできないので、アップの写真うれしいです!
結構大きな獲物をしとめるんですね。ふつうなのかな?
誇らしげにも見えるし、戸惑っているようにも見える、鳥初心者の私でございます。
前回の、モロンゴやパームスプリングス、「帰国前夢リスト」に加えました。ハミまみれになりたいです♪

おぉ~カッコイイ!これぞ野生動物の世界です。
鋭い目つきと爪。これがあるからウサギをし止める事ができるのですね。
草むらで捕まえても、食べる時はこんな見通しの良い場所なのですね~。

こんばんわ でないか

これは全部食べ切れそうも無くこの後が凄く興味があります
 こちらのノスリはモグラ・ネズミが主ですが流石に獲物まで違いますね。

これは決定的瞬間ですね~~!
ウサギとノスリを比べると、体重が同じくらいのように見えますね。

こちらでウサギを捕えるといえば、イヌワシなど大型の猛禽の印象です。
少なくとも日本で見られるノスリが、
ウサギを食べている写真を私は見たことがないです~~
この写真のノスリは、日本のと比べるとスリムで精悍なので、
ノスリという名前のイメージが変わりました。

vivi_kotaさん

(*^▽^*)いや~親分、種は軽く200記事分くらいありまっせ~(笑)
出してない鳥の方が多いんです(汗)
この記事もほぼ5ヵ月後に出してあげてます(爆)
今年こそは頑張っていっぱい出すぞ~ぉ~
ジワジワ近づいて撮れたそうなんですが、これも重たいウサギだったからで、
ネズミだったらこんなに至近距離で撮れなかったかもしれませんね。
個体によって、獲物の好みがあるらしく、この若はうさぎばかり獲っているようです。

めるさん

まぁ♪♪嬉しい♪♪♪畏れ入ります<(_ _)>
ぅわー!ノスリも居るんですね!!いいなぁいいなぁ・・・
うちの周りで居るやっと野鳥っぽいのが、マネシツグミくらいなんです(;_;)
喜んで頂けて、オットも頑張った甲斐がありました。
誇らしげでもあるし戸惑ってもいるので、めるさん正解です!
パームスプリングスの詳細、場所の名前をどわすれしてしまっているので、
もう少々お待ち頂けますかm(__)mスミマセン

カラーさん

自分と大して変わらない大きさの獲物を仕留めるなんてすごいですよねー
この子はいつもウサギを獲っているそうです。
オットからです↓

「少しずつ近づいてアングルを変えながら撮りました。」

きよ麻呂さん

きよ麻呂さん、こんばんは♪
コメント頂いた時間は、こちらは朝の4時でした(^・^)
ちょうど朝と夜が逆なんですよね。
オットからです↓

『この後少し食べてから獲物を持って飛び去ろうとしましたが、
やはり重くて諦め、近くの木にとまり監視してましたのでその場を去りました。』

ここはウサギがワラワラ居る所なので狙いやすいのかもしれませんね。
しかも、年々ウサギの数が増えているように感じるのです^_^;

FLAT-6さん

仰せの通り、ノスリがウサギを食べるシーンの写真は珍しいので、
ブログに出してと言われてから5ヶ月が経ちました(爆)
ほんと、体重は同じくらいでしょうね。
オットからです↓

『その個体によって好きな獲物があるようです。
この若鳥はウサギが好きなようで3度ほどウサギを食べているのを見ました。
いつか載せる予定の成鳥はねずみが好きなようです。
この場所はウサギ、リス、ネズミなどがとても豊富なところです。』

狩り

ノスリの狩りですか??
こちらはフワフワと飛翔していることが多いのですが、流石に猛禽と言う瞬間ですよね。

先日から日本では、キヅタアメリカムシクイ(Yellow-rumped Warbler)が飛来し大騒ぎになっています。

大きなレンズが並ぶので事件か?と勘違いされる方も。
そちらの方では一般的なのでしょうか。
太平洋を超えてきたなら凄い小鳥さんですね。

ふん転菓子さん

ぅわーお!!!!!!!すんごい情報ありがとうございます!!
キヅタアメリカムシクイ(Yellow-rumped Warbler)は、
南CAでは冬鳥なので冬季間だけですが、沢山観る鳥です。
メニュー覧のカテゴリーにある、“アグリーボボちゃん”がその鳥です。
あんな小さな鳥が海を超えただなんて超×100吃驚です!
キヅタアメリカムシクイ(Yellow-rumped Warbler)は、
こちら(西部)と東部とでは少し模様が異なります。
もしかしたら、東部の方のYellow-rumped Warblerかな?
東部からヨーロッパを通過してなら少し楽そうですが、
西部から太平洋だとしたら、ほんと、すごすぎる話ですね。
貴重な情報にお蔭様で眠気が覚めました(*^_^*)

スゴーイ!
ナショナルジオグラフィックの世界ですね。^^
っていうか、やっぱりウサギさんなどは、捕まってしまったときに悲鳴を上げるものなんだ...なんて思ったり。
喰いつく前には殺してるのだろうと想像しますが、どうやって「シメる」んだろう?
小動物はショック死しやすい生き物だと聞いたことがあるけれど、ギャー!とビビってそのまま昇天しちゃうとか??
うーん、気になります、そういうの。^^;

キヅタアメリカムシクイ

名前が舌を噛みそう。。
リンクのURLに私の大先輩のブログを紹介します。
キヅタアメリカムシクイが載っています。

判断していただけると幸いです。

キヅタアメリカムシクイ

再投稿

修正出来ないので再投稿します。

リンクのURLに私の大先輩のブログを紹介します。
キヅタアメリカムシクイが載っています。

判断していただけると幸いです。
http://hirofumi05.exblog.jp/

mari_caさん

まぁ!♪ナショジオですか!それはすごいお言葉を頂戴致しました!オットも喜びます(^.^)
(*≧m≦)=3悲鳴の件、やっぱりmari_caさんもそう思いました?(笑)
私もこの写真を見ながら話を聞いた時、
まっさきに「へぇ~、うさぎも悲鳴上げる事出きるんだ」と言いました(笑)

オットからです↓

『足の爪を見て頂くとお分かりになると思いますが、
鋭くて長くしかも握力がとても強いのです。それで握りつぶすという感じです。』

うんうん、食べられる直前の動物達の心理というか状態など気になりますね。
アフリカでライオンなどに襲われるシカは、最終的に追い込まれたら、
自ら「餌になろう」と思い逃げるのを諦め、食べられ始めても痛みを感じていないという、
話を聞いた事がありますが、どうなんでしょうね。
殆どが首根っこを噛まれ息耐えてから食べられているっぽく見えますが。

ふん転菓子さん

コメント頂いた後、検索したら、沢山の方がキヅタアメリカムシクイを撮られていたので観たら、
やはり東部のキヅタアメリカムシクイでしたので、
ふん転菓子さんの所へご報告に参ろうと思っていた所、再コメ頂きました♪
オットからです↓

『これは東海岸の亜種で、東の亜種はのど下が白くて西は黄色です。』

という事で、ユーラシア大陸を通って日本に辿り着いたのでしょう。
どっちにしろ、すごすぎる話です。日本までどれくらいの期間が掛かったのでしょうねー(ロマンだわ~)
大先輩さまが撮られたキヅタアメリカムシクイはメスのようです。
何羽くらい渡っていったのでしょうか?ほんとに大大大スクープですね!
東部の鳥撮りしている友人にも報告してきます。ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌( ^.^)┘

Link

luluさん、この記事へのリンクいただいてもいいですか。^^
Bald EagleとSnowy Owl(どちらも動物園個体です)の写真をアップしたいのですが、関連記事として、ご主人が撮影された、このノスリの写真をぜひ紹介したいのです。^^

>自ら「餌になろう」と思い逃げるのを諦め、食べられ始めても痛みを感じていないという

「羅生門(だっけ?)」思い出しちゃった!
餓鬼にムシャムシャと内臓を喰われているのが、なんだか気持ちいいようでボーっとしてくるっていうところ...(笑)

mari_caさん

リンクの件、もちろんですとも♪
紹介して頂けるなんて光栄でございますー
畏れ入ります<(_ _)>オットも喜びます(^‐^)

羅生門にそんなくだりがありましたか!
たしか・・高校の教科書に載っていたような・・・?
今思えば・・高校生には衝撃的過ぎ!!(笑)

Bald EagleとSnowy Owlの記事楽しみにしていますね!♪

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。