スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Yellow-rumped Warbler(キヅタアメリカムシクイ)
Thu.08.04.2010 Posted in キヅタアメリカムシクイ(Yellow-rumped Warbler)
びっくりしましたよ!

「日本にYellow-rumped Warbler(キズタアメリカムシクイ)が渡ってきた」と、何人かの方からコメントにて教えて頂きました。
Yellow-rumped Warbler(キズタアメリカムシクイ)は、西部と東部とでは少し模様が違い、西部は顎下が黄色、東部は顎下が白です。
こちらは西部ですので顎下が黄色です。日本に渡っていった方は東部のYellow-rumped Warbler(キズタアメリカムシクイ)で、
多分、ユーラシア大陸を横断して日本に到着したと思われ、「あんな小さな体でどうやって?!」とこっちの鳥仲間と話していますし、
オットの仲良しのアラン(野鳥のベテランさん)は「はいはい、エイプリルフールね」と言ったくらいです(笑)
南CAでは冬鳥で、スズメ並に居ます。愛らしい可愛い鳥で私も大好きですが、あえて撮ろうとは思わないので、
もしかしたら脚光を浴びたくて日本デビューをしたのかもしれません(笑)だとしたら大成功ですね。
飛行機に乗って見に行った方もいらっしゃるとかで更に吃驚!大フィーバー!
オス、メスの見分け方は一目瞭然で、濃いグレー&濃い黄色がオスで、薄いグレー&薄い黄色がメスで少し茶色が混ざったような毛色です。

写真は、殆どが2008年に撮った在庫です。そして、このブログでちゃんと出すのは初めてです。
昔、『アグリーボボちゃん』という記事を出したのですが、その主人公がYellow-rumped Warbler(キズタアメリカムシクイ)です。
治安が悪い所の撮影だったので、たった2話で終わり残念な思いをしました。



2007年11月、砂漠のオアシスにてオット撮(
Yellow-rumped Warbler 11071



2008年1月、治安の悪い小川沿いにて(
Yellow-rumped Warbler 01081



Yellow-rumped Warbler 01081-2



2008年1月、ボボちゃんと同じ所に住んでいたメス(ボボちゃんはこのメスによく蹴りを入れられていた)
Yellow-rumped Warbler 0108-3



2008年2月、ガーデンにて(
Yellow-rumped Warbler 02081



Yellow-rumped Warbler 0208-2



2008年10月、近くの山にて(
Yellow-rumped Warbler 11081



2008年10月、オレンジカウンティーのダムにてオット撮(
Yellow-rumped Warbler 10081-2



2008年11月、ガーデンにて(
Yellow-rumped Warbler 10081



2008年12月、夕方近くの川にて若いメス
Yellow-rumped Warbler 12081



そして今日、オットが撮ってきたオス
Yellow-rumped Warbler 04101-2



Yellow-rumped Warbler 04101-3

Theme: 野鳥の写真 « 写真

« Wigeon(ヒドリガモ2種類)  | Home | Botta's Pocket Gopher (セイブホリネズミ) »

comments

これが噂のキヅタアメリカムシクイですねー!
日本にいるのがのどが白い個体だとしたら・・・私としてはユーラシア大陸を渡っていくなんてありえないと思うんです。その前に日本以外のほかの地でてんやわんやの騒ぎになると思うのです。が、鳥の世界はわかりませんからねー。本当にユーラシア大陸経路でわたったとなればすごいですね。太平洋経路でももっとすごいですけど。どちらにしてもすごいですー^^ キヅタアメリカさん、ブラボーです。日本の生態系を壊さなければいいですけどねー^^;

BBさん

はい!西のキヅタでございます!
数人の方に写真を見せて頂きましたが、今の所、喉白のようですね。
私の説は、
・彼らの生態から推測すると(虫を食べ続ける)海を一気に渡るのは不可能
・虫を食べ続けていく為に大陸を横断
・他の地で騒がれていない?のは、日本と違い面積が広く、
たまたま人の居ない所を通ってきた or 
人が居た所もあったけど、戦争とかで鳥所じゃない所を通過した or 
目指すはニッポンで、他の地では、最長いても一日だけだった
というのがluluの妄想です(笑)
是非、BB説もお聞きしたいです。
って、超オタクだねー(*≧m≦)=3
日本の生態系、今後毎年渡ってくる鳥だとしたら、
繁殖力旺盛で大食漢の彼らなら壊す可能性もあるかもしれませんね。
いやー、すごい時代が来てしまったーという感じがしています。

本家

私は現物見ていませんが、先日のサイトの方の画像とそっくりです。。
船に止まってやってきたのかな。(笑い)

ツバメちゃんは、東南アジアから北海道まで?飛んできますが、太平洋程長くないですよね。
寛平ちゃんはアメリカに向かったし。(笑い)

それにしても謎が多い。
実は今年の冬にアメリカコハクチョウがやってきました。
チョット怪しい亜種あのかな。。
これ↓
http://www.youtube.com/watch?v=MHIFDEpYquE

ふん転菓子さん

ふん転菓子さん、毎度です♪(^‐^)ゝ
なるほどー(笑)虫がいっぱい付いている木などを積んでいる船だったら可能性ありそうです。
寛平ちゃんはある意味、キヅタよりすごい方だと思います(笑)
ほんと謎だらけですね!
もし渡ってきた経緯などが判りましたら教えて下さいね。
アメリカコハクチョウの動画観てきましたー
南CAにはハクチョウがいないので、実はとっても疎いです^_^;
代わりに、ペリカンが二種類生息しています。

ボボちゃん、すごく気になっていた記事でした。
同じ種類のコが日本に現れたんですね!しかもうちから遠くないところに♪
どうやって日本に行ったのかナゾですが、生態系の変化も心配ではありますが、
個人的にはその方法をハチドリに伝授してほしいです。(^^)
5枚目の写真、ボボちゃん(キヅタアメリカムシクイって言いづらいですね)も
ホバリングして花の蜜を飲むんですか~?

はじめまして

はじめまして。 shidekuboと申します。
先日はご訪問くださってありがとうございます。
私は現在イギリスに住んでいますが、”ノースカロライナ経由?” でカリフォルニアに時々お邪魔しております。
大きな写真と飛び出してきそうなくらいシャープなイメージにいつも圧倒され、今回は1つ前の記事のセイブホリネズミの歯にも衝撃を受けました。 
私は時々お笑い系の記事に脱線することがありますが、今後ともよろしくお願いいたいます。

めるさん

お~~~(´艸` )そうでしたか~、未だにボボちゃんが忘れられないので嬉しいなー
ボボちゃん、かなり懐っこくプラスあの風貌で、はんぱなく可愛かったのでかなりガッカリしました。
変な人がウヨウヨ居る場所で(でも珍鳥も多い)、
ボボちゃん達の仲間もそれぞれ個性的で、そこに一緒に居られるのが楽しくて仕方がなかったのですが、
鳥観していた女性が襲われたとの情報が入り、泣く泣く断念したのでした(それでも7回くらい行った)
その一ヶ月後にボボちゃんに会いに行ったら、ボボちゃんだけが居なくなっていたのでした..._| ̄|○
哀しくて涙が出ました。

キヅタアメリカムシクイ、ほんとめっちゃ言い辛いですよね(笑)
他の方も、「舌噛みそう」と仰ってますよ(笑)
ほんと、たまに思いますね、ハチドリも渡れないのだろうか・・・と。
やはりあれだけ糖分を必要としていたら無理なんでしょうねぇ
そして、世界中で放鳥を試みたようですが駄目だったみたいですね。

ホバーリングしている写真は、お花の蜜を飲んでいるのかなと思っていますが、
結局は何をしているのかワカリマセン^_^;

shidekuboさん

shidekuboさん、はじめまして!ようこそおいで下さいました♪
コメントありがとうございます<(_ _)>
私も、ノースカロライナ経由でお邪魔させて頂きました(^.^)ゝ
ぅわー♪「飛び出してきそう」だなんて(´艸`)感激です!!
しょっぼいカメラで撮っているので限界はあるかと思いますが、
これからもそんな風に思って頂けるような写真を撮れるように頑張ります!
またイギリスにお邪魔させて頂きますね!どうぞ宜しくお願いします_(._.)_

おぉ~、これが本家、本元のキズタアメリカムシクイですか!
綺麗ですね。♂の黄色が鮮やかです。♀は優しそう。
とても小さい鳥さんだそうですが、さすがLA、大きく撮れてますね。

カラーさん

カラーさん、毎度です♪<(_ _)>
Warblerの中では地味なイメージなんですが、所々の黄色がきれいですよね。
そして、メスの薄い色がまた可愛い♪
若いメスはもっと薄くて萌えます。
Warblerの中でも警戒心は薄いというイメージがあります。でも・・
虫を食べ続けジッとしてないので撮るのは難しい方かもしれません・・・

流石!
日本で騒いでいるのがわかったんですか。
石川県からはちょっと遠いですが、見に行った方もおられるようで。
luluさんのページを見ていると、アメリカンにしては地味だなと思ってしまいました(笑)
私の図鑑には「今後記録される可能性のある鳥」に載っています。
北・中央アメリカの鳥が多いんですが、アリューシャン列島を伝わって来ると見てるのかなぁ。

vivi_kotaさん

コメントで教えて頂かなければずーっと分らなかったかもです^_^;
石川県からもですか!キヅタにそんなスター性があったとは!
とても可愛く愛らしい鳥なのですが、Warblerの中では一番地味な方なので、
その近くにもう少し派手なWarblerが居たらそっちを撮ってしまい・・・^_^;
でもおかげさまで、やっと載せるきかっけになりました。
すごい!渡来を予言?している図鑑があるのですね!
アリューシャン列島、なるほど!!その線が一番濃厚な気がしました。
その経路だと、西部のこのキヅタが渡りそうですが、東部の方だというのが吃驚です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。