スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Black Skimmer (クロハサミアジサシ) 2010 Part 1
Sun.25.07.2010 Posted in クロハサミアジサシ(Black Skimmer)
2年ぶりに撮れました。前回はメスとその子供と2羽だけでしたが、今回は26羽もいて滞在期間も3週目を迎えようとしています。
最近はサーファーに負けないくらい、早朝、夕方と一日置きに行ってまだ撮り続けているので、何回かに分けて載せる予定です。

まずはオット撮から。
Black-Skimmer-071010



Black-Skimmer-071011



Black-Skimmer-071013



Black Skimmer o-07101-4



Black-Skimmer-071021



Black-Skimmer-071022



右側にペリカンの胴体が写ってますが、もし、すぐ横に自分が居たら咄嗟にギューッと抱きしめていました(笑)それくらい魅惑的なボディーです(笑)
Black-Skimmer-071004



ここから下3枚は決闘しているらしい・・・
Black-Skimmer-071001



Black-Skimmer-071002




Black-Skimmer-071003




Black Skimmerと言えばスキミングです。下のくちばしに魚があたるとパクッと閉じるようになっています。
Black-Skimmer-071024



Black-Skimmer-071006




Black-Skimmer-071017



Black-Skimmer-071019



Black-Skimmer-071012





ここから下はlulu撮です。
Black Skimmer o-07101-8




Black Skimmer 07101




スキミング写真はシャッタースピードが速いカメラじゃないと難しいのです・・・が、立て続けに2枚撮れてラッキーでした。
Black Skimmer 07101-3



上の続きです。
Black Skimmer 07101-4




次回に続く・・・
Black Skimmer 07101-2

« Black Simmer (クロハサミアジサシ) 2 嘴編 | Home | Wilson's Phalarope (アメリカヒレアシシギ) »

comments

オット様の写真、スピード感がありますね!私もその場にいる錯覚に陥りました。
6枚目はいろいろな表情が一度に見れて楽しいです。
luluさんの写真は物語の挿絵のよう。1枚目はペリカンとのお話でしょうか。
スキミング、2つの水しぶきはクチバシを閉じたところなのかな。バッチリ写っていて、luluさんすごいですね。
でもこのコの餌取りは・・・失敗しちゃった?
ここはそのまま漫画になりそうですね。(^^)
続きを楽しみにしていま~す♪

めるさん

めるさん、ずばりです!
2つの水しぶきは、失敗したと思われます。
写真だけでよく判りましたね!めるさん、すごい!
嘴に魚があたった瞬間もいつか載せますね。
6枚目は仰せの通りで、
前回はメスと子供だけというのもあり、あまり動きがなかったので、
今回は、やっとアクティブなスキマーが撮れたよ~と感慨深いものがありました。
他のアジサシはもうブリーディングシーズンは終わったのですが、
スキマーは、まだまだなようで、色んな様子を見せてもらっています。
次回はまた違った姿、様子をお伝え出来ると思います。
毎年来てはいるんですが、ベニスに居ると聞けば次の日に慌てて行くと、
「今日はマリブに居たよ」などと何度も空振りに終わっていたので、
すっかり諦め忘れた頃に大量に現れてくれたんです。
またいつ波長が合わなくなるかわからないからと(笑)、
ちょとの時間でも撮りに行っています^^;

素晴らしい瞬間の写真にノックアウトされてしまいました。

僕は、ミシガンの片田舎におりますが、何か同じアメリカなのかと
思ってしまいます。

僕が撮りたいのは森の中のowl。昨日もデトロイトの森に入ってみましたが、
カナダヅルとターキーにしか会えませんでした。

それから、キューバにいる成鳥で2gというハチドリも撮りたいです。ハチドリ
を狙う際、レンズは何を使われているのでしょうか?野鳥撮影は、私の人生の
師でもある方に薦められて最近見よう見真似で始めた次第ですが、難しくて、
楽しくて、どんどんのめり込んでいってしまいそうな感じがしてます。

僕の師のblog、もしお時間ありましたらご覧下さい。彼もアメリカに住まれて
いた事があります。『瑞鳥庵ブログ-野鳥撮影に魅せられて-』
http://zuityouan.cocolog-nifty.com/ 』

素敵なスキマーたち・・・本当に速いのが伝わってきます。最後のアップのスキマー、しゃくれているだけでなく若干クロス気味で、嘴の面白さに開眼@@です。足も可愛いけど嘴フェチというのもアリですね。スキマーもすごいけど、置物のように砂浜に座っているペリカンもすごい迫力。東海岸にもどちらもいるんでしょうけど、ペリカンは飛んでいるところしか見たことないし、スキマーは実物を見たことすらありません。いつか見られるその暇ではこちらで見た気分にならせていただきます^^

編隊飛行は迫力がありますね。
こんなに近くで飛ばれたらペリカンがびっくりするのもわかります。
やっぱりスキミングの姿は見てみたいですね。
この前の写真を見た時も思ったのですが。

binoさん

お褒め頂きありがとうございます<(_ _*)>
ミシガンでしたか!しかも私が毎日寝る前に妄想している(笑)、
自然豊かな所に暮らされているとは、とてつもなく羨ましいです~
うちは喧騒な所にあり、一秒と静穏がなく(涙)心底休まる事ってないのですが、
こんな所でも、オポッサムやアライグマが普通に歩いているので、
そんな動物達になんとか癒されながら生きてますって感じで(~_~;)
Owlは撮りたいですよねーうちは、Owlに出逢うまで2年くらいかかったかな・・・
初めて見た時は神聖な感じがして感動の嵐でした。
binoさんもなるべく近いうちにOwlに逢えますように(祈)
世界最小のマメハチドリですね!ペンのキャップくらいのサイズなんですよね。
見た目はAnna’s風味なので、妙に親近感が湧きましたが、
多分一生出会えないであろうハチドリなので是非いつかbinoさんに見せて頂きたいです。
鳥撮り用のレンズは今は一本しかなく、ハチドリも他の鳥も全部同じレンズで、
SIGMA 170-500mm 1:5-6.3APO を使っています。
2008年頃、ハチドリだけは、SIGMA 70-300mm 1:45.6DGのマクロモードを使うと、
大きく綺麗に撮れていましたが、これは中古で購入したためか、
あっという間に壊れてしまい結局安物買いの銭失いをしてしまいました…
binoさんも鳥撮り中毒の仲間入りですね~ふふっ
ほんとに鳥撮りは難しけど楽しくて、年々鳥撮り中毒が酷くなりますよ~(笑)
お師匠様のブログのご紹介ありがとうございます。
今、チラッとだけ拝見させて頂きました。時間のある時にゆっくりとお邪魔させて頂きますね♪

BBさん

行動見た目と全てが見飽きない鳥なんですが、
その中でも特にこの独特の嘴は魅了して止みません。
なのでBBさんに開眼して頂き嬉しいー♪
この嘴で、他の鳥でも見た事がない事もするので(たいした事ではないですが)、
まだどうなるかわかりませんが、次回は嘴特集にしようかな~.。o○
鳥に興味ない人に「私、嘴フェチなんです。こんな嘴とか」と言いながら、
スキマーの嘴写真見せたら、ドン引きされる所じゃないでしょうね(笑)
ここのビーチはサーファーが仰山いる所なんですが、
なぜかすぐ近くに色んな種類の鳥達がいっぱいいるのです。
そんな中、時期によっては鳥の種類も減るのですが、
何が居なくてもいるのが、このペリカン達で、
今は50羽前後ですが、冬季なんて200羽近くにもなり圧巻です。
BBさんにもいつか生スキマー見て頂きたいですし、BBさんが撮られたスキマー写真見たいなー

vivi_kotaさん

編隊飛行は今回初見だったので感激でした。
ちなみに警戒心はカモメくらいで、人間の近くでも平気で飛びまくりますし、
今はまだブリーディングらしく間近で色んな姿を見せてくれています。
スキミングは割りとゆっくり目に見えるのですが、なぜか難しい・・・
近いうちに、嘴の話や、嘴に魚があたった瞬間の写真も載せますね。

コアジサシは水面に直角に飛び込んで小魚を獲りますが、
この鳥は名前の通り、スキミングしながら小魚を獲るんですね。
よく見ると魚を獲りやすいように、下の嘴が長くなっていますね。
燕が大きく嘴を開けて水面を滑空して水を掬って飲む様子を観察したことがあります。

岩田さん

岩田さん、お久しぶりです。コメントありがとうございます<(_ _*)>
今、コアジサシの撮影もしていて、
ホバーリングしながら小魚を獲っている風景を見ますが、
それから比べるとスキマーの捕獲率はかなり低く25%ほどだと思います。
獲れたら嬉しいのか何なのか、5分くらい銜えたままウロウロしている子もいて微笑ましいです。
スキマーは次回、嘴特集を予定しています。
こちらはどこに行ってもツバメだらけなので、そんな様子をよく見ますね。
うちのショボイカメラでは中々撮れないシーンですが^^;

まぁ~なんて絵になる鳥さんなんでしょう!
姿も、スキミングというのですか、魚の捕リ方がユニークですね~。
これは、鳥撮りにとってはたまらない被写体です。何回も通う気持ちが分かります。
luluさんの撮影、オットさんと同じくらい上手です。
最後のアップの写真は、すっごくluluさんらしいです(笑)。

カラーさん

お褒め頂き光栄でございます<(_ _*)>
前回は大人しかったので、そういう鳥かと思いきや、
実は気が強い鳥で、色んなシーンを見せてくれて楽しませてくれています。
日本での“スキミング”と言ったら、
たしかキャッシュカードからお金を盗まれるという意味もあったような・・・?
次回は嘴特集を予定しておりますのでまた見にいらして下さいね♪
最後の写真、警戒心が弱いのでこんなに大きく撮れてしまいました(笑)

こんにちは。 とても躍動的でスカイショーでも見ているような気分です。 広い空間の中で撮影されているんだなとつくづく感じました。 考えてみたら、私はいつも狭いところでばかり撮影しているものですから。 
水面スレスレの場面をほぼ真横から眺めている感じのスキミングの写真、素晴らしいです。

shidekuboさん

shidekuboさん、こんにちは♪
断然、shidekuboさんの環境の方がいいですよ~
鳥を見る為にわざわざ外出しなければならないんですもの~(~_~;)
いつも羨ましく夢のような環境だなと思いながら拝見していますよ(^・^)
前回は判らなかったのですが、喜怒哀楽というか色んな面を見せてくれているので、
しばらくは?スキマー特集を予定しておりますので、
懲りずに^^;また見にいらしてくださいね♪

すっごいわぁーっ!
お二人の写真を見ていると、まるでその場にいるかのような気にさせていただけます。

こんな日射しの下で素晴らしい風景に出会えるのって羨ましいなぁ~♪

egueguさん

egueguさん、お久しぶりです。コメントありがとうございます<(_ _*)>
お褒め頂き光栄でございます。
早朝なのに、何この強い日差し??って感じで(´・ω・`)、
しかもこの鳥、白と黒なのでコントラスの調整がとっても難しく、
可愛い目を写したいので(見たいので)黒に合わせています(すると白飛びが...)
次回は嘴特集を予定しておりますのでまた見にいらして下さいね♪

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。