FC2ブログ
スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Willet (ハジロオオシギ)
Mon.16.08.2010 Posted in ハジロオオシギ(Willet)
全長:約38センチ 生息地:北米北西部で繁殖し西海岸で越冬します。
特徴:名前の由来は「pee-weel-willet!」と鳴くので付けられました。大型のシギで地味な色をしていますが飛ぶとなかなか綺麗なコントラストの羽です。
北米東南部の亜種はやや小さく嘴も短めです。Black Turnstone (クロキョウジョシギ)同様、北米は冷夏の為、この鳥も早くに南下してきたので夏羽を撮る事が出来ました。
冬はグレー一色かな。この鳥の和名を調べたら自分のブログに辿り着きました(笑)
willet-081017




willet-081014



willet-081005



willet-081011



willet-081008



willet-081002



willet-081004



willet-081013



willet-081010



willet-081012



willet-081015



willet-081016

撮影:オット

Theme: 野鳥の写真 « 写真

« Black Skimmer (クロハサミアジサシ) 4 | Home | Black Skimmer (クロハサミアジサシ) 3 *スキマー君の結末* »

comments

うわ~、羽を広げるとホント印象が変わりますね。
裏から見るお姿、ほれぼれします。
私もこんな写真をいつか撮れるようになりたいです。
新しいカメラにまだ慣れなくて・・・いつも操り人形みたいなのばかり撮れてしまいます(涙)

めるさん

めるちゃん♪いつもどもです<(_ _*)>(感謝)
スキマーちょっと待ってね~、、、
今年は冷夏の為、冬鳥達の夏羽を見る事が出来たので
出したい鳥がいっぱいです、、、
次回こそはスキマー出したないな。
何を仰せですかー!可愛いショットばかり撮られ、
いつもめるさんのお写真には癒されまくりですよ(^-^)Thanks♪
慣れないまま一年後壊れちゃう??(* ̄m ̄)

こんばんはー。
これ、全部Willetですか!?
すんごい一杯いるんですね!!!
去年私海岸に行ったとき数えるくらいしかいなかったです。。。
飛び姿もすばらし、蟹(貝?)を食う姿もすばらし☆
海辺の鳥ってよく見るけど、いざ撮るとなるとなかなか動きが素早くて上手に撮れないので、またまた尊敬です。
ところでたまに左にいるペンギンと遊んでみたりしているんですが、片言しかしゃべってくれませんの。ハチドリ・・・むにゃむにゃ、みたいな。面白くてたまにペンギンにクリック攻撃してます~^^

BBさん

BBさん、こんばんは♪コメントありがと♪
ふふっ、私もオットに同じ反応しました(^・^)一杯いますよね。
吃驚しつつ冬もこんな感じだったと思い出しました(笑)
色が地味だからか誰も撮らないのか、和名検索しても出てこなくて
やっと辿り着いたら自分ちでした 凹○ コケッ
くちばしがピンクの鳥をアップした時にそばにいたから、
たまたまWillet (ハジロオオシギ)の紹介もしていたので、自分ちがヒットしたみたいです。
でも当時はどうやって和名調べたのか不明(笑)
ペンギンの小松君ですね!遊んでくれていた方がいたとは!!嬉しい!♪
今、小松君と遊んでみたら、

「名前の由来は調べたら?」
「上を撮る事が出来ました。」
「ない表情ー!」
「明るそうなスキ?」
「夏羽を過ごしますとか思ってるの?」
「スキ見は見ていますとか言ってみる♪」

っていっぱい喋ってくれたので、人見知りしているかも(笑)

太古の昔、わたくしアメリカに住んでいたことがありまして、その時にOutdoor Photographerという雑誌をずっと購読していました。その中にカリフォルニア地方の海岸で撮影された写真でこのような風景を見てとてもあこがれたものです。(前置き長くてすみません。) 水のブルーにやわらかな光があたっているように見える1枚目の写真のこんな感じだったと思いますが、これとても素敵です。 その頃自分のことを ”Extremely Amateur Outdoor Photographer" と呼んでいました。

shidekuboさん

Wow!!
Outdoor Photographerはオットの親友のバーダー友達ことマイクが副編集長をしている雑誌です!
マイクはいつも各メーカーから送られてくる最新のカメラやレンズで野鳥を撮って、雑誌にその総評も書いています。
マイクはセスナも運転出来るので週に一度はカタリナ島に行っていてたまにオットも連れて行ってもらってます。
私は小型機酔いをするので残念ながら乗った事がありません(涙)
ずっと購読されてたんですね。マイクも喜びます(^・^)
そうそう、shidekuboさんアメリカに住まれてたんですよね。
ひろーいアメリカ、景色も動物も、同じアメリカとは思えないほど違いがありますものね。
LAは午前中だけで、海、砂漠、山と違う場所に行けるので、そういう面は楽しい所だなと思います。
ヨーロッパコマドリちゃんが居ないのは残念ですが(笑)

うわ~、さすが、羽の一枚一枚がくっきりと写っていて、見事ですね。
NYのジャマイカベイにも、Willet(と思われるシギ)が夏を通して1羽いて、見事な羽の模様を見せてくれていましたが、こんなにはっきりとは写せませんでした。
しかしこの1羽、ものぐさなのか、暑さに強いのか、よく分かりません(^_^;)

PMさん

PMさん、毎度コメントありがとうございます<(_ _*)>
お褒め頂き光栄でございます。オットも喜びます(^・^)
図鑑を見ると、NYでは夏鳥なんですね。
こちらとは違う小さめのWilletの方でしょうか。
南CAのように年中暑い所と違いWilletにとってはNYは快適なんでしょうね。

いつ拝見してもスゴイ解像感ですね!
飛び物素晴らしいです!(*^_^*)
いつかはこんな写真を撮ってみたいなぁ・・・^^;

可愛い顔をした大型シギなんですね。
飛んだ時に白黒の模様が現れるなんて、なかなか渋いです。
贅沢禁止令の出た江戸時代に粋人が着物の裏に凝っていたなんて話を連想してしまいました。

一瞬、オオソリハシシギなんでは?なんて思ってしまいました(笑)

りもふさん

りもふさん、南国からおかえりなさいませ♪かな?
お褒め頂き光栄でございます。オットも喜びます。
何を仰せですか~、りもふさんも上手に飛び物撮られてるじゃないですか(^‐^)
南国の鳥、アップされてるかな~♪後日お邪魔させて頂きます(^・^)ゝ

vivi_kotaさん

vivi_kotaさん、毎度ご丁寧にありがとうございます<(_ _*)>
一瞬、オオソリハシシギと思わせといて、
実はハジロオオシギでしたーという展開で(笑)
いえいえ、私も最初、オットからこの写真を見せられた時「???」となりました(笑)
仰せの通り可愛い顔で警戒心も薄くて和み系のシギさん達なのです。
最近、江戸時代に興味津々なので『江戸』という文字を見ただけでワクワクしちゃいます。
贅沢禁止令は知っていましたが、着物の裏が凝っていたとは知りませんでした。勉強になりました( ..)φ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。