スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
American Avocet (アメリカソリハシセイタカシギ) 2
Sat.23.04.2011 Posted in アメリカソリハシセイタカシギ(American Avocet)
メスです。
American Avocet 042111



オスです。
American Avocet 042111-3



American Avocet 042111-4



奥から誰か来ました。
American Avocet 042111-5



メスでした。オスと比べると嘴が反ってます。
American Avocet 042111-6



American Avocet 042111-7



メスです。
American Avocet 042111-8



American Avocet 042111-9



American Avocet 042111-2




これはオットがデジスコで撮ったと思われるAvocetの♂。オットのファイルから勝手に持ってきたのでいつ撮ったものか不明^^;
American Avocet 042111-100

撮影:オット

Theme: 野鳥の写真 « 写真

« Brown Pelican (カッショクペリカン) | Home | Reddish Egret (アカクロサギ) »

comments

さすがはアボセット,やはり優雅ですね~
夏羽はここまで赤くなるんですね~
ますます会いたくなりました.

ROBINさん

ROBINさん、コメントありがとうございます<(_ _*)>
毎年撮り逃していた夏羽をやっとちゃんと撮る事が出来ましたが、
この日は早朝で更には曇りで「これで晴れてたら・・」と
オットが申しておりましたが、
一番下の写真のように明るすぎるのもいまいちな感じがします^^;
日本の優しい日差しが懐かしいです.。o○

綺麗な色を、見事に撮られていますね。
飛翔姿など、綺麗すぎます。
オスとメスの違い、よく分かりました。
Avocet一度見てみたいものです。

PMさん

PMさん、いつもコメントありがとうございます<(_ _*)>
お褒め頂きオットも喜びます♪
くちばしは、一羽だと「うーん??どっちかな~??」となるのですが、
つがいでいてくれると分かりやすくて助かります。
生息域も限られていて他のセイタカシギと違い仰山いるわけでもないので、
なんだか格別な感じさへします。
この嘴で餌を捕るのは難しそう・・・

まぁ~、優雅なシギさんですね。
嘴のそり具合が雌雄の区別だなんて、一人でいたら間違えそうです(笑)。
体の割には、つぶらな瞳なのですね。

メスの方が特徴が強く出ているなんて、珍しいですね!嘴が折れそうに細くて、こんな嘴を持っていたら神経使いすぎてストレスが溜まりそうですが(笑)
水に嘴をつっこみつつ目をつむっているオス、とっても可愛いです♪

カラーさん

カラーさん、いつもコメントありがとうございます<(_ _*)>
初めて見た固体はオスだったんですが、
図鑑で見比べても「うーん・・・???」でした(笑)が、
こうやってオスメス一緒だととても分かりやすいですね。
南CAでは、もう一種類セイタカシギが見られます。
もしよろしかったら下記をご覧ください↓ ↓ ↓

http://luluhime.blog69.fc2.com/blog-category-32.html

Megさん

Megさん、いつもコメントありがとうございます<(_ _*)>
ほんとに珍しく初めて知った時は吃驚しました。
年一くらいの割合でハチドリの嘴が折れちゃった子を見るんですが(辛い...)
この種類もありえそうですね・・・
嘴が逆反りの種類はいっぱい居ますが、上側を向いているのってあまりいないでしょうね。
嘴だけが進化しなかったのかしら・・・?
私も水に嘴をつっこむシーンで「目、瞑るんだ」と微笑ましく思いました(^・^)

綺麗なアボセットですね。
夏羽はこんな色になるのか。
♀の方が反っているのですか、とすると、昨年石川県にきたのは♀だったようです。

vivi_kotaさん

vivi_kotaさん、いつもコメントありがとうございます。
石川県に去年来たのは Pied Avocet ですね。 
世界には4種類いるそうです。

http://en.wikipedia.org/wiki/Avocet

○○シギと名のつく鳥はグレー系が多いという印象がありますが、 (というか日本でもイギリスでも陸の孤島住まいの私は、実際には見たことがなく、皆さまのブログ写真などで知っているだけなのですが)このシギはほんのり色づいていてとてもきれいですね。 足とクチバシがスラっと長くて優雅です。9枚目の写真はこれまた金屏風にして飾りたいです。

shidekuboさん

shidekuboさん、コメントありがとうございます<(_ _*)>
そうですよね。セイタカシギも黒系というイメージでしたので
斬新な感じさえします。
9枚目、、、9枚目はどれだ~ぅわっ、10枚も出してる(笑)
いっぱい数えさせてすみません^^;
この種類ではまだ見た事がありませんが、
年中見れるクロエリセイタカシギで数度、脚を骨折している子を見た事あります・・・

アメリカソリハシセイタカシギ

LAXでも、国内でも、繁殖羽のソリハシセイタカシギは、初めて見せてもらいました。これほど柿色が強くなるのですね。飛翔の絵、素晴らしいです。有難うございました。

石渡賢一さん

石渡さん、コメントありがとうございます<(_ _*)>
お褒め頂き光栄でございます。オットも喜びます(^・^)
この柿色を何度も逃していてやっと今年撮る事が出来ました。
こちらこそご覧頂き有難うございました。
石渡さん、また遊びにいらして下さいね(*^-^*)お待ちしております♪

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。