FC2ブログ
スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Barn-Owl (メンフクロウ)
Mon.16.05.2011 Posted in メンフクロウ(Barn-Owl )
全長:約41センチ。世界中に広く生息する中型で足の長いフクロウです。完全な夜行性で小動物や小鳥などを捕食します。
英名のBarn Owl は納屋などに営巣するところから付けられました。生息域が広いのですぐに見つけれると思っていましたが4年以上かかりました。
フクロウのわりには優しい顔をしていてとても綺麗な鳥です。
Barn-Owl-051101



上の写真がオスで多分こっちがメス。 【訂正】メスは茶色いのでこれもオスでしたm(__)m
Barn-Owl-051108



Barn-Owl-051102



Barn-Owl-051103



Barn-Owl-051104



Barn-Owl-051106



Barn-Owl-051107



Barn-Owl-051105



Barn-Owl-051109



探すのをやめたと時~♪みつかる事もよくある話で~♪というように、
2種類のフクロウファミリーの撮影に向かっていた途中にメンフクロウを偶然発見したそうです(lulu)
こちらはGreat Horned Owl(アメリカワシミミズク)の巣立ったばかりの幼鳥(両親はいつか出します)
Great-horned-Owl-051101



こちらはLong-eared Owl(トラフズク)の巣立ったばかりの幼鳥(両親はいつか出します)
Long-eared-Owl-051101

撮影:オット

« Western Tanager ニシフウキンチョウ | Home | Brown Pelican (カッショクペリカン) »

comments

ほわ~、キレイで癒されます♪ 4年がかりとは、頭が下がります。
去年だったか3Dの映画になった鳥でしょうか。優しい顔だとは思っていましたが、
luluさんの写真はさらに強調されていますね。
2枚目のほっぺが持ち上がって、輪郭がくずれぎみなのもとってもキュート。
そして、なんだか美味しそうなんですけど。。。きのこのような色だから?
飛んでいる写真は、途中で折ったバナナみたいだから?
うっとししてしまいます(※褒めていることをご理解ください)
アメリカワシミミズクとトラフズクは、トトロに出てきそうな風貌ですね(^。^)
みんな実物を見てみたいです。

1枚目の写真を見て、「これ、本物?」って疑いたくなるような顔です(笑)。
超可愛いです。目は、まあ~るいボタンを付けたようです。
飛ぶ姿まで撮るさんて、凄い!真っ白で天使みたいです。
他の2種の幼鳥も可愛い。オットさん、探鳥力に脱帽です。

フクロウってほんっとに可愛いですねぇ。。。特にこのフクロウ、鳥じゃないみたいで、金太郎飴の断面みたいなイメージです^^ 顔を輪切りにしてもまた顔が出てきそうな。。。一番したのポワポワの赤ちゃん、温かそうですね。寒い冬に一羽懐に欲しいものです。
ってか、素晴らしい写真ばかりじゃないですか!!!(いつもの事ですが)

めるさん

めるさん、別館の方にもコメントありがとうございます<(_ _*)>
この4年間、頭上を通り過ぎていく所や小さいフクロウなので
多分GHOに食べられてしまったであろう場所にて
数度メンフクロウの羽を大量に発見していただけに諦めきれなかったのです。
然しながら頭の片隅にもない時に偶然視界に飛び込んできて
なんでもそんなものでしょうかね(笑)
途中で折ったバナナ!( ≧з≦)´、プッ
今度からバナナの断面図がメンフクロウに見える事決定です(笑)
亜種は違いますが、日本にもトラフズクが生息していますので
めるさんと出逢えるといいな.。o○森で見るフクロウの神秘的な事ったら
激しく感動しますよ。

カラーさん

カラーさん、いつもコメントありがとうございます<(_ _*)>
実は全部偽者ですwww
ほんとにボタンみたいですね!
見た目より?とっても小さなフクロウで本当に天使のように可愛いのですが、
飛ぶと大型のフクロウに見えるんですって。
メンフクロウは下から二番目のGHO(アメリカワシミミズク)のご飯になる事があるのです….
GHOはコヨーテの子供でも何でも食べてしまうほど天敵がいないので既に幼鳥で目が据わってます(苦笑)
亜種は違いますが日本にもトラフズクがいるのでご存知だと思いますが小っちゃいフクロウですよねー
次、見つけたいと思っているフクロウはスズメ大なのですが、
あまりの極小さにかなり難関だと思います・・が、ガンバリマス(~_~;)

Megさん

Megさん、別館の方にもコメントありがとうございます<(_ _*)>
金太郎飴!!゙:゙;`(;゚;ж;゚; )ブッ
爆ウケ!!!!!!!
そう言われてみれば金太郎飴なのに、なぜ私は気が付かなかったのか(苦笑)
切っても切ってもメンフクロウの顔が出てくる所想像しちゃいましたー(≧▽≦)キャー
Megさんの所のコメントに書き忘れたのですが、
フクロウ発見はブリーディングの今が最大のチャンス!
今はもう巣立った頃で枝に留まっていると思いますし、
ギリギリまだ良い時期でその周辺に必ず両親も居ます。
Megさんがフクロウに出逢える事をいつも願っています。
ボワボワちゃん達は、同じ兄弟でも必ず小さいのと大きいのがいるのです。
かなりの時間差で産卵しているのでしょうかね。
ここのLEOを発見した時は、小っこいのが巣の中に、大きいのが松ぼっくりに留まってました(萌)
メンフクロウを発見したのは、相棒(luluではありません)と
下のボワボワ二種類を撮るのに向かっていたら視界に白い物体が飛び込んできて
横を見たら留まっていたそうな。
この4年間血の滲む思いで(笑)探していたんですけどねぇ~
探しても探してもみつからない鳥は一度脳裏から削除するのも一つの方法かもしれません・・・

いつもながら

コメントは久しぶりなのですが
いつもいつも良い写真に唸ってます(^Θ^)

ふくろう、大好き~  
二枚目の女の子、ちょっとセクシ~ポーズみたいでかわいいし、飛んでいる写真もすごく綺麗ですね。
光にあたっているあの姿を 実際に見たらとても綺麗なんだろうな~
四年もかかったんですね…探しているときには 本当になかなか見つけられないですよね。よくある~!
トラフズクの幼鳥…たぬきかと思った~…(すみません)
違う意味でかわいい~♪ 二度おいしいですね。

PMもBarn Owl を見たくて早朝から出かけたりしているのですが、一度もお目にかかったことがありません。
とは言え、ようやく1年とちょっとですから、まだまだですね(^_^;)
いつもながら、見事にクリアに撮れていますね。
飛翔姿など白い羽が光に透けてうっとりするほど綺麗です。
しかも、GHOやLEOの幼鳥まで・・・。
ところで、フクロウってこんな真っ昼間にも飛んでいるところが見られるんですか?
早朝か夕方しか動かないものかと思っていました(^^ゞ

おぴ~さん

おぴ~さん、お久しぶりです。コメントありがとうございます<(_ _*)>
唸って頂けたなんて光栄でございます♪

salut*さん

お~♪♪salut*さん♪別館の方にもコメントありがとうございます<(_ _*)>
ふくろう大好きでしたか。実はけっこう撮っているのですが載せてません(^_^;)
鳥の中でもかなり魅力的な種類だなと思います。
ここは開けた砂漠なんですが、
ちょっと薄暗い森の中で見るフクロウの神々しさったらもう感動の嵐です。
セクシーポーズ( ≧з≦)´、プッ
なるほど(笑)確かにこれはセクシーポーズです(^・^)タノシイ♪
みなさんボキャブラリーが豊富で羨ましいな~
この4年間、GHOに食べられたであろうメンフクロウのおびただしい数の羽や
頭上を過ぎる所は何度となく見ていただけに諦めきれなかったですが、
ほんとに脳裏に一切ない時に見つけてなんだかひょうし抜けした感じです^^;
トラフズクはまさにタヌキチック(^・^)ほんとベイビーのレベルで二度美味しい(笑)
亜種は違いますが、トラフズクは日本にも居ますよ♪

PMさん

PMさん、いつもコメントありがとうございます<(_ _*)>
そうですねーあと3年待ちましょうか・・・
なんて(笑)
いえいえ、こちらに遊びに来て下さる方でフクロウを探されている方が数名おられます。
一日も早く出逢える事を祈り願い続けています。
クリアに撮れたのは4年間の執念のパワー?でしょうか(笑)
2008年からフクロウを撮り続けいて、でも毎回載せた事はないのですが、、
ブリーディングの時に必ず撮れていますので
今はもう遅いかもしれませんがチェックしてみてください。
オットからです↓↓↓
「通常は昼間は寝ているはずですが、この時はカラスのグループに見つかり追いかけられていました。」

溜息です。

野性のフクロウを守る為のバンディングをミシガンで見させて
頂いた時、羽根を触らせてもらったのですが、あの繊細で温か
い羽根の間食を忘れる事はできません。

真剣さが足りないのでしょうが、まだ自然のフクロウに会った
事はありませんが、ブラジルにも沢山いるようですのでいつか
必ず!

白い羽を広げて飛んでいる姿お見事です。

binoさん

binoさん、いらっしゃーいヾ(*´∀`*)ノ゛コメントありがとうございます<(_ _*)>
お褒め頂き光栄でございます。
この写真の後、2回、友人達や相棒(luluではありません)とフクロウを撮りに行ったのですが、
今回は4種類のフクロウを発見し、やはりオットがみつけたようです(笑)
木の下、周りに小動物の頭蓋骨や毛の塊がたくさん落ちている所と
White Wash(白い糞)が木や地面に大量に付着していたらそこがフクロウの住処です。
あと今、子育て時期なので撮り易い(見つけ易い)のもあると思います。
ブラジルのフクロウを見せて頂ける日が来るのを楽しみに待っていますね(^・^)

白くてフワフワみたいで、モフモフしたくなる子ですね。
成鳥なんでしょうけど。
飛翔姿を綺麗に撮られているのには感心してます。
チャンスは少いでしょう。
こちらに来ていたトラフズクの飛んでるのを撮ったことがあるのですが、豆粒でした。
トラフズクの幼鳥って、絵本に出てくるキャラクターみたいなんですね。

vivi_kotaさん

vivi_kotaさん、いつもコメント有難う御座います<(_ _*)>
ほんと、モフモフしたいですねー(´艸`)
今まで見たフクロウの中で一番警戒心が強いので大変そうですよ^^;
それとは対照的にトラフズクは警戒心が薄いみたいで、
この間、ドアップを撮ってきてビックリ。
日本のトラフズクは白っぽいんですよね?
この警戒心のなさが生息域を広めたのでしょうか・・・?
チワワに豚の骨付き肉をあげたら、
骨の隙間に入っている肉を取ってくれと足の甲の上に置かれています(笑)
面倒だけどこれから取ってあげます(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。