FC2ブログ
スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Long-eared Owl (トラフズク)
Sat.18.06.2011 Posted in トラフズク (Long-eared Owl)
全長 約38cm 北半球のほぼ全土に生息する中型のフクロウです。世界に21亜種います。日本で見られる種は目がオレンジ色に近い黄色ようですが北米では黄色です。本来は夜行性ですが今回は雛を4羽連れているペアを見つけたので日中でも起きていました。
Long-eared-Owl-051108



まつぼっくりに留まっているのでサイズが分かるかな。アメリカのまつぼっくりも普通サイズですよ(笑)
Long-eared-Owl-051104



随分と警戒心のないフクロウですなー。一眼レフで撮っています。
Long-eared-Owl-051102



赤さん、肉片が付いております・・・
Long-eared-Owl-051119



赤さんも、まつぼっくりに留まっております。小さっ。
Long-eared-Owl-051121



赤さんも、やっぱり警戒心がない??この日も肉片付き・・・
Long-eared-Owl-051120



Long-eared-Owl-051110



Long-eared-Owl-051111



Long-eared-Owl-051105



Long-eared-Owl-051109



Long-eared-Owl-051103

Flickrにまだまだあるよ♪(笑)

撮影:オット

Theme: 野鳥の写真 « 写真

« ARKiveにオットの写真が数点掲載されました。 | Home | Western Tanager ニシフウキンチョウ »

comments

うわ~、出てきましたね、トラフズク!
見つけるのは苦労しそうですが、一眼でこのサイズとは、なんとも羨ましい限りです。
しかも、見事な飛翔姿や、肉片付きのヒナまで(^^)
飛んでいるときは、耳(のような羽)はたたんでいるのですね。

こちらは、メンフクロウ何度かトライしているのですが、まだ見られません(^_^;)

PMさん

PMさん、コメントありがとうございます<(_ _*)>
お褒め頂き光栄でございます。
うちが見たフクロウの中で一番警戒心が弱いです(笑)
メンフクロウが一番警戒心が強いと思います。
音もなく飛び立つので余計に気が付き難いですね・・・
食べられている確立がもっとも高いフクロウもメンフクロウだと思います。
白いので他の鳥(動物)達から見たら目立つのかもしれませんね。
それだけに余計警戒するのかな・・・
ご存知かもしれませんが、
この耳(のような羽)一見、意味のない飾り羽のようですが、
これがなくなると餌を獲る効率が下がるらしいです。
やはり生物についているものは全て意味があるのですね。
メンフクロウはもちろんのこと、
それ以外のフクロウにも出逢える事を祈っております。

とても美しい鳥ですね。
親鳥は色が濃いのに背景にすごくよくとけ込んでいて
雛は雛で色が薄いのにそれなりにカモフラージュされていて
どれも皆きれいです。
フクロウ系は野性を一度も見たことがないので一度は見て見たい!

私もshidekuboさんに同じく、野生のフクロウを生で見た事がないのでこんな風にフクロウを見る事が出来たなら数年は気分よく過ごせそうです。大人の耳毛(?)も可愛いけど、赤ちゃんの超ポヤポヤの毛もものすごく可愛らしい!そしてちょこっと付いたお肉がまた肉食です、ってアピールしていて可愛い。
一枚目の写真から察するに、結構探すのが大変そうな感じ。。。鳥そのものは度迫力なのに、本当に上手に自然にとけ込んでいますね!私はきっと何度か出会っているんだろうけど、その度に見落としているに違いありません。。。猛禽の目が欲しいです。

Shidekuboさん

Shidekuboさん、コメントありがとうございます<(_ _*)>
トラフズクは世界中に生息しているそうですので
実はshidekuboさんのお庭の小鳥達を狙っていたりして・・・なんて(^_-)
お庭の方から「ホーホー」って聴こえてきませんか?
鳩かと思って見逃す場合もあるので・・・
トラフズクだけではなくアメリカに居ないフクロウもいるでしょうから
いつか見せて頂きたいです(^・^)
木に大量の白い糞と木の周りにペレットや小動物の頭蓋骨があればそこはフクロウの住みかです。

Megさん

Megさん、コメントありがとうございます<(_ _*)>
数年もですか!いや仰る通り2008年(だったかな?)に
フクロウを初めて観たあとは軽く一年は気分良かったです(笑)
今もあの時の感動は忘れられないです。
多分ね、ノジコとか撮るのにジッとしている時後ろから見られているかもしれませんよ(* ̄m ̄)
あとは意外と前方の木から見られてるかも(笑)
私は全く探せないのですが、オットは一日で4種類のフクロウをみつけたので
どうなんでしょうね。猛禽の目には簡単だったかもしれませんね(笑)

すごい迫力です!うおーと見入ってばかりで言葉にならず、コメント遅れました(^^;;
なんだかもう、作り物みたいです。上手に松ぼっくりに紛れてるこんなヒト
(ヒトじゃないけど)に気づいたら、腰抜かしちゃいそうです。
顔の毛の流れが面白いですね。耳(?)もキュート。
親は羽根っぽいけど、子供は骨格からして耳って感じなのが面白いです。
・・・って、あ~やっぱりうまく言葉が出てきません。
またしばらく見入らせていただきます(*^.^*)

めるさん

めるさん、コメントありがとうございます<(_ _*)>
実は作り物です。なんて(笑)
赤ちゃんの耳毛、既に生えているのがすごいなと思いますし、
仰せの通り、本当の耳みたいですね!
いえいえ!私が一生懸命コメントした言葉より全然うまい言葉です!
私は、きれい過ぎる写真を見た時に、一言ぐらいしかコメントが浮かばないのです(^_^;)
だって、綺麗な写真はもう言う事ないしね。
あ!だからって沢山コメントしたからと、その写真がきれいじゃないとかじゃないんですが(^_^;)
あぁぁ・・言葉ってムツカシイ(笑)

by 究極のボキャ貧より

僕はベランダでツバメハチドリを待っています。

余りに鮮明、繊細なフクロウの写真に見入ってしまいました。

ハチドリを捉えようとするレンズは暗く、気合がそがれてしまいました。
それにしても、いつもながら凄いです。驚異の世界です!

binoさん

binoさん、コメントありがとうございます<(_ _*)>
Wow!!ツバメハチドリ!!!!!!!
後ほどお邪魔いたします♪♪
私もあまりにも鮮明な写真を撮ってきたので吃驚呆然でした(笑)
もしかして、ベランダは北向きかな?
うちがそうなんですが、早朝と夕方に少しだけ、いやらしい感じの(笑)光がさすだけで・・・
それで、別館ハチドリ写真館の方のハチドリはなるべく、真上(階上)から撮っています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

なんと金色に輝くトラフズク!
そちらではトラフズクも派手ですね。
改めて地域の違いを感じてしまいます。
日本のトラフズクは地味ですね。飛んだら白っぽいです。
赤さんは、トトロの原型かな?
以前にあったトラフズクは真下に行っても動じなかったのですが、この冬にあったトラフズクはとっても警戒心が強くてすぐ飛ばれました。
個体差ありますね。

大人も子供もなんて可愛いのでしょう!
鮮明な画像なので、なおさら可愛く見えます。
飛ぶ時は、耳のような羽は閉じるのですね。
他の方のブログでトラフズクの飛翔は見た事はありません。
貴重な写真を見させてもらいました。

vivi_kotaさん

vivi_kotaさん、コメントありがとうございます<(_ _*)>
日本のトラフズクは白っぽく目も美しいオレンジ色なので魅力的ですね。
私は逆に日本のトラフズクの方が派手に見えます(^-^)
北米は州が違うと国が違うみたいに広いためか、
同じ鳥でも西と東で亜種が違う種類がけっこういます。
赤さんはトトロの原型かもしれませんねー(笑)
そうですか、個体差があるんですね。
すっかり懐っこいと決め付けていたので、
今度警戒心が強いトラフズクに逢っても落ち込まなくてすみそうです(^_^;)

カラーさん

カラーさん、コメントありがとうございます<(_ _*)>
鮮明なのは、殆ど動かない相手、そして至近距離から撮らせてくれたからですね(笑)
懐っこいかと思いきや個体差によるようなので、それを思うと今回はありがたかったです。
通常トラフズクは夜に行動するので、飛翔シーンは難しいでしょうね。
今回はラッキーが重なりすぎました。
こちらこそいつもご覧頂き誠にありがとうございます<(_ _)>

トラフズク

直射日光下でのトラフズク、実の精密によく撮れていますね。驚きました。日本で見るトラフズクの光彩は、もう少し橙色味が強いようです。また羽の色もかなり白っぽい印象です。

トラフズクの飛翔している様子、お見事です。素晴らしい映像、有難うございました。

石渡さん

石渡さん、コメントありがとうございます<(_ _*)>
お褒め頂き光栄でございます。
フクロウは白っぽい方が魅力的に思え日本のトラフズクがお気に入りです(^・^)
こちらこそいつもご覧頂き誠にありがとうございます。

トラフグとかいいながらなんで鳥なのよ?とマジで30秒ぐらい思った

NekoMama7さん

ふふっ、ちょっとした読み間違いなのに、
随分と意味が変わっちゃうからね(笑)
最近、数日に一回は読み間違いして一人で吃驚して、
もう一度読み直して安心したり(苦笑)
疲れ目なのか、それとも歳のせいなのか.....

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。