FC2ブログ
Peregrine Falcon(ハヤブサ)
Tue.29.01.2008 Posted in ハヤブサ(Peregrine Falcon)
生息地:ほぼ北米全域   全長:41㎝-51㎝   撮影者:オット
peregrine-falcon-7.jpg

この種類のハヤブサは3タイプあり、
これはTundriusという北の方に多く生息する種類。





peregrine-falcon-5.jpg

こちらはAnatumという南の方に生息する種類。



peregrine-falcon-4.jpg

お食事後でくちばしに血が付いてます(ガクブル)




peregrine-falcon-6.jpg

一番上のTundriusと顔の模様が違います。
このAnatumの模様はヘルメット系。




peregrine-falcon-3.jpg

こちらはPealeiという種類でこの中では一番大きなタイプ。これも北の方に主に生息。
同じ種類なのに3羽共模様が違って面白い!




peregrine-falcon-2.jpg

こちらもお食事後でくちばしの左に毛が付いてます(ガクブル)
こんな顔した人居ません??

Theme: 野鳥の写真 « 写真

« アレンハチドリとアンナハチドリ | Home | Snowy Egret(ユキコサギ) »

comments

ハヤブサかっこいいですね。
Amazonでアメリカの鳥図鑑を手に入れたのでさっそく見てみたけど、
この3種は載ってなかったです(泣)。

Yukitanさん、コメントありがとうございます♪
そうでしたか~それはザンネン・・・
以前から興味のある方に、
BIRDS OF NORTH AMERICAの本をご紹介したかったので、
Yukitanさんは既に買われていますが、
一応、右にリンク先ありますので参考までに。
うちで毎日フル活用しているのは、
1月29日現在一番上にある
National Wildlife Federation Field Guide to Birds of North America(青い小鳥の表紙)
です。
あと、右で紹介していないのですが、
National Geographicから出版されている、
北米野鳥BOOK(ISBN:978-0792265696)もあるのですが、
こちらは写真ではなく絵になっております。
日本のAmazonで検索すると本の写真が現時点では出ませんので、
北米のAmazonだと写真付きで紹介されています。
こちらも我が家でフル活用の本です。
ハヤブサってやっぱりかっこいい部類なのですね。
私にはどうしても、おじさん顔に見えるのです^^;

ありゃあ、まさしくその本です。
National Wildlife Federation、青い小鳥の。
私の勘のよさに脱帽(笑)。
ハヤブサがおじさん顔に見えなくてよかった(^^)

こんばんは。
私の好きな猛禽ちゃんだ!。(笑)
猛禽の中でもハヤブサは特に好きです。
顔は可愛い系ですが、飛行能力は鳥類中No.1です。
格好いいですよね。

北米にはいろいろな種類のハヤブサがいるのですね。
Tundriusは、日本でいうハヤブサ(Peregrine Falcon)に似ています。
ただ、お腹は白地で縞模様がもっと多いです。

Anatumは、たしかにヘルメット系ですねー。(笑)
頭巾を被っているようにも見えます。
AnatumとPealeiは、色合いから見て幼鳥なのでしょうかね。

Yukitanさんへ

おぉ!スゴイ!さすが!Yukitanさんナイスチョイス♪ほんと脱帽です!
その本の204Pに三種類共載ってますよ♪
あれ~知り合いのおじさんに似てるからそう思うのかも~(笑)

meadowさんへ

meadowさん、こんばんは♪コメントありがとうございます<(_ _)>
はーい♪meadowさんとオットの好きな猛禽ちゃんでございますー
ほんと顔はすごく可愛くて私もお気に入りの鳥です。が・・
ヤマセミほどではないですが、警戒心が強くって.....
Tundriusは日本の方が派手そうですね。

>AnatumとPealeiは、色合いから見て幼鳥なのでしょうかね。

さすが猛禽博士ー、そういえばオットもハヤブサのウンチク語ってる時、
「成鳥になると胸の模様が薄くなる」と申してましたね。
Pealeiだけは大人になってもほとんど模様が変わらないみたいですね。
まだまだ出していない猛禽軍がございますので、後々アップできれば・・・

ありました、カッコの中に書いてあってわからなかった、
ありがとうございます。
同じ本を持ってるって便利ですね。

Yukitanさんへ

おっと、、そうです、カッコ内です。失礼スマシタ..説明不足でした...
ほんと便利ですね♪Yukitanさんと交信しているようで愉しい~(^・^)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)